神話の国に流れる急流 〜カリ・リバー・ラピッドA〜
2016年08月16日

神話の国に流れる急流 〜カリ・リバー・ラピッドA〜




今日も今日とて1クリックをお願いする日々でございますm(__)m



1回ジャングル・ブックの感想を挟みましたが、その前の回の続きと言うことで再びカリ・リバー・ラピッドに話を戻しましょう!!

一応前回の記事はこちらになります

・カリ・リバー・ラピッド@


アトラクションの紹介等は前回やったので今回は小ネタばかりですね!!
果たしてそんな話に興味を持ってくださる方がいるかは分かりませんが張り切っていきましょう笑


image 1.jpg
(引用:http://forums.wdwmagic.com/threads/the-house-cup-an-imagineering-competition.910068/page-48







・神話上の国、アナンダプル


アニマルキングダムのアジアエリアには『アナンダプル』という神話上の国が存在すると言う設定になっています
カリ・リバー・ラピッドもその『アナンダプル』という国の中に存在する河なのですね
このアナンダプルという言葉に聞き覚えのある方はまさかいらっしゃらないと思いますが…笑
一応このブログの以前の記事にも名前だけ登場したことがあります
同じくアニマルキングダムのアジアエリアに存在するアトラクション『エクスペディション・エベレスト』の記事の中にちょろっと登場します笑

・エクスペディション・エベレストの記事はこちら→@/A/B

このアナンダプルの中にある小さな村には村人たちによって設立された『カリ・リバー探検社』があります。村に流れる河でラフティングを商売として会社を建てたのですね
ゲストはアトラクションのキューラインではその事務所などを通過してボートへと乗り込むわけです

このアナンダプルという国や村の造形はとても作りこまれています
あちこちに設置された石像の数々はパリで彫刻された本物の石像、高さ15mにもなる寺院には職人を呼び寄せて施された壁飾まであります
この景色に包まれることでゲストは本当にアジアの神秘の国へと足を踏み入れたかのような楽しさを味わうことが出来るのですね!!


image 7.jpg
(引用:http://www.onlywdworld.com/2011/08/anandapur-township-disney-world.html

image 8.jpg
(引用:http://disney.wikia.com/wiki/Asia_(Animal_Kingdom)

image 9.jpg
(引用:http://micechat.com/28288-walt-disney-world-photo-report/animal-kingdom-asia-4/

image 11.jpg

image 12.jpg
(引用:http://land.allears.net/blogs/jackspence/2012/08/animal_kingdoms_kali_river_rap.html




・川の名は『渦を巻いて流れる川』



さて、ゲストをびしょぬれの急流下りに誘うカリ・リバー・ラピッド、この急流下りが行われている川にももちろん名前があります

その名前とは

チャクラナディ

これはインドの古語であるサンスクリット語で『渦を巻いて流れる川』という意味
まさにゲストがもみくちゃにされ急流を流れる様を言い表しているのですね!
アジアエリアと言うことで川の名前もちゃんとインドのサンスクリット語から取ってくるあたりはさすがですね(;^ω^)

ちなみにアトラクション名の『カリ・リバー・ラピッド』
この『カリ』とはインドの女神『カーリー』に由来します
彼女は破壊と殺戮の女神であり、彼女が踊るとその激しさで大地が割れると言う伝説があります
こちらも急流下りの激しさを表している名前が付けられているのですね!!


image 2.jpg
(引用:http://www.disneyride.com/kali-river-rapids.html


記事をお気に入り頂けましたら1クリックお願いします!



posted by R.M at 13:00 | Comment(0) | 海外(フロリダ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。