ジャングル・ブック感想
2016年08月14日

ジャングル・ブック感想




渾身の1クリックをお待ちしてます!!



見てきましたよー!!
ジャングル・ブック!!


image 12.jpg
(引用:http://www.slashfilm.com/the-jungle-book-poster/


公開前のトレーラーが発表されてからずっと見に行こうと思ってまして、公開2日目に見に行きました
僕にしてはとても早い方です笑
いつもは公開一か月後とかのガラガラの劇場で見るのが好きなので笑


感想とか思ったことを気ままに書いていく回になります
ネタバレちっくなことも少しは入ってくると思いますのでご了承くださいm(__)m








・ファンにはたまらない音楽



まず何よりも言いたいのは“音楽”ですね
映画見ておいて最初に言うことでもないですが…笑
僕がこの作品を見に行く最大の決め手も音楽だったと言っていいでしょう

トレーラーを見ていて流れてきた名曲“The Bare Necessities
今回の映画用にオーケストラ調にアレンジしなおされたサウンドを聞いた時には鳥肌ものでした
それを聞いて『絶対これ見に行こう!!』と心に決めたのでした笑

作中ではもちろん“I Wan’na Be Like You”も聞くことができます
これは東京ディズニーランドのワンマンズドリームのアニマルメドレーのところで聞くことが出来たので皆さんにも馴染みがあるかもしれませんね(昔のワンマンズドリーム1の方ではそのまま聞くことができましたが、今やっているワンマンズドリーム2ではアレンジされまくりでよく分からんことになってますが笑)

サウンドトラック買ってしまおうかなぁ、と絶賛悩み中です…笑




原曲を知っていなくても、知っていればなおのこと、楽しめるはずです!!




・実写ならではの迫力



ジャングル・ブックの映画は元々原作の小説を1967年にディズニーがアニメ化したものでした
それを今回はすべて実写CGで再び作り直したのですが、主演の少年以外は全てがCGで作られていると言うのですから驚きです笑
何より凄いのはその状況の中で演技が出来た少年なのではないかって感じですね笑

CGで描き出された動物たちの迫力はやはり格別のものがあり、リアリティあふれる動物たちの描写に圧倒されてしまいます!
体格や動きなど本物の動物まんまです、技術の進歩は凄いものですね笑

image 1.jpg

image 3.jpg

image 4.jpg

image 5.jpg

image 6.jpg
(引用:http://photos.filmibeat.com/photo-feature/the-jungle-book-movie-comparison-in-1967-2016/photos-c63-e57585-p679615.html

image 7.jpg

image 8.jpg
(引用:https://filmschoolrejects.com/the-jungle-book-comparing-the-voice-casts-of-1967-and-2016-4e1726a07ac3#.wcf6ckodl

バルー(クマ)は実写版のこのサイズと体格ならシア・カーン(トラ)に勝つことも出来たのではないかなぁ、と思ってしまいますね笑

あとキング・ルーイはデカすぎ笑
迫力感溢れまくりです笑

image 2.jpg
(引用:http://photos.filmibeat.com/photo-feature/the-jungle-book-movie-comparison-in-1967-2016/photos-c63-e57585-p679615.html



・ストーリーとキャラクターの違い



ストーリーは大まかにはアニメ版と同じです
ジャングルでオオカミの群れに育てられたモーグリと言う少年が仲間のバギーラ(クロヒョウ)やバルー(クマ)と繰り広げる冒険の物語です
しかし、アニメ版があくまでも子供向けの内容だったのに比べ実写版は大人でも楽しめるような、シリアスな仕上がりになっています
なぜモーグリがジャングルで暮らすことになったのか、なぜ冒険は始まったのか、丁寧によりリアリティがあるストーリーが組み立てられていましたね

そして悪役がより悪役らしくなったのも特徴と言えるでしょう
アニメ版ではシア・カーン(トラ)やカー(蛇)もどこか憎めないというか、敵なんだけど悪じゃないような描写のされかただったように思えたのですが、実写版では完全に悪役でしたね笑
キング・ルーイもかなり悪役寄りに描写されていたように感じました
にしてもキング・ルーイはデカすぎです笑 あれならシア・カーンも一撃で倒せますよ笑


image 11.jpg

image 10.jpg

image 9.jpg
(引用:https://filmschoolrejects.com/the-jungle-book-comparing-the-voice-casts-of-1967-and-2016-4e1726a07ac3#.wcf6ckodl


やはり、びしっと悪役がいるとストーリーが展開しやすいんでしょうかね
悪役がいることで物事のきっかけにもなりますから
でもシア・カーンカーも実写にしたらあの悪役ははまり役でした笑
アニメ版ではデフォルメされてて可愛げがありましたが、実写で見ればトラもヘビもあんな性格してそうだなぁと思いますもん笑

僕としてはストーリーも非常に楽しめました!
原作から大きくは外さないけれども2016年という現代で実写化するにあたってよりリアリティを持たせるストーリーの構成になっていたと思います!
見に行こうか悩んでる方がいらしたらぜひ見に行ってみてください(#^^#)



お気に入り頂けましたら1クリックを!!



posted by R.M at 13:00 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。